世界農業遺産・日本農業遺産の認定を目指す
 (ツーリズム政策と提言 15)

世界農業遺産・日本農業遺産の認定を目指す  

世界農業遺産
 世界的に固有の農業システムや景観は、地元に適合した管理手法を用い、また、多様な自然資源に基づき、何世代もの農民や遊牧民によって生み出され、形づくられ、維持されてきた。地元の知識と経験に基づきながら、これらの独創的な農文化的システムは人類の進化、知識の多様性、自然との深遠な関係を反映させています。これらのシステムは優れた景観、世界的に重要な農業的生態系の多様性の維持と適応、土着の知識システム、回復力に富む生態系をもたらしてきただけでなく、とりわけ多角的な商品やサービスの継続的な提供、食と暮らしの安全、そして生活の質をもたらしてきました。
 これら貴重なものを、国連食糧農業機関(FAO=Food and Agriculture Organization of the United Nations)は世界重要農業遺産(GIAHS=Globally Important Agricultural Heritage Systems)に認定して、世界の農文化的遺産システムの保護・支援する体制を主導的に構築しました。
一般的には、世界重要農業遺産を略して「世界農業遺産」と呼んでいます。
1.世界農業遺産の認定
 世界農業遺産は、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり形づくられてきた農業上の土地利用、伝統的な農業と、それに関わって育まれた文化、ランドスケープ、生物多様性などが一体となった世界的に重要な農業システムが認定されます。
2.認定基準
 世界的(国家的)重要性(下記の5基準)、歴史的及び現代的重要性を有すること。
@食料及び生計の保障、A生物多様性及び生態系、B知識システム及び適応技術、C文化、価値観及び社会組織、D優れたランドスケープ及び土地と水資源管理の特徴
3.申請から認定まで
 協議会等が申請者となり、@地方農政局等との連絡・調整・情報提供を受けて学術機関や都道府県との連携・協力で申請書を作成、A農林水産省へ承認申請、B農林水産省は専門家会議にかけて国内評価を固め、承認されれば、CFAOへの認定申請、D書類審査及び現地調査を経て認定の運びとなる。
4.最近の動向
(1)農林水産省は、2017年3月、世界農業遺産に申請する3地域を決定した。日本農業遺産に認定した8地域のうち、 「宮城県大崎地域の稲作」(宮城県大崎地域)、A「静岡県のワサビ栽培(静岡県)、「徳島県西部の急傾斜地農法」(徳島県つるぎ町など)。2017年中に申請する。
(2017年3月)
●認定された世界農業遺産(2016年1月)
 中国の「青田の水田養魚」が2005年に認定されたのを初めに、2010年に2件(中国2)、2011年に13件(日本2、中国1、フィリピン1、インド1、アルジェリア1、チュニジア1、モロッコ1、タンザニア2、ケニア1、ペルー1、チリ1)。2012年に3件(中国2、インド1)、2013年に6件(日本3、中国2、インド1)、2014年に6件(中国3、韓国2、イラン1)、2015年に5件(日本3、バングラデシュ1、UAE1)、現在では、36件(日本8、中国11、韓国2、インド3、タンザニア2、ほか各国1ずつ)認定されています。
●日本の世界農業遺産(2016年1月)
@「トキと共生する佐渡の里山」(新潟県佐渡市)2011年
A「能登の里山里海」(石川県能登地域)2011年
B「静岡の茶草場農法」(静岡県掛川周辺地域)2013年
C「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本県阿蘇地域)2013年
D「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分県国東半島宇佐地域)2013年
E「清流長良川の鮎」(岐阜県長良川上中流域)2015年
F「みなべ・田辺の梅システム」(和歌山県みなべ・田辺地域)2015年
G「高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム」(宮崎県高千穂郷・椎葉山地域)2015年
日本農業遺産
 日本では、現在も伝統的で多様な農林水産業が営まれ、美しい田園風景、でんとうある故郷、助け合いの農村文化が守り続けられています。農林水産省は、将来に受け継がれるべき伝統的な農林水産業システムを広く発掘し、その価値を評価するため、2016年度から新たに「日本農業遺産」制度を創設しました。
1.日本農業遺産の審査
 世界農業遺産と同様に、農林水産省へ審査養成をする。脳裏水産省は専門家会議に審査を要請、その評価を受けて認定等の作業を行う。評価結果は、@日本農業遺産認定と世界農業遺産への申請承認、A日本農業遺産に認定するが世界への申請は承認せず、B日本農業遺産に認定しないが世界への申請を承認する、C日本農業遺産に認定せず、世界への申請も承認せず、の4つのパターン。
2.認定基準
@世界農業遺産と共通の認定基準(世界的および国内的重要性、歴史的重要性、現代的重要性)
A日本農業遺産独自の基準(自然災害や生態系の変化に対する回復力、多様な主体の参加、6次産業化の推進)
3.認定に期待される効果(多様な主体の参画による地域活性化)
@地域固有の農林水産業の継承、A観光客誘致、Bきぎょうとの連携、C農林水産物のブランド化、D地域住民の自信と誇りの創出 など、多様で地域性に富む、日本の伝統的な農林水産業が支援される。
4.公募及び申請・認定
 平成28年度は4月〜9月に募集があり、15県19件の応募があった。兵庫県関係では1件、「南あわじ地域における伝統的多毛作体系」兵庫県南あわじ市南あわじ地域)(南あわじ地域世界・日本農業遺産推進協議会)。平成29年3月の農林水産省の専門家会議の審査を経て、7県8地域が日本農業遺産に認定された。兵庫県の候補は認定されなかった。(2017年3月)
●認定された日本農業遺産(2017年3月)
@「宮城県大崎地域の稲作」(宮城県大崎地域)2017年
A「静岡県のワサビ栽培(静岡県)2017年
B「徳島県西部の急傾斜地農法」(徳島県つるぎ町など)2017年
C「武蔵野の落ち葉堆肥農法」(埼玉県三芳町など)2017年
D「雪の恵みを生かした稲作やコイ養殖」(新潟県中越地域)2017年
E「痩せた傾斜地でのブドウやモモ栽培」(山梨県甲州市など)2017年
F「海女漁業と真珠養殖」(三重県鳥羽市、志摩市)2017年
G「急峻な地形と多雨が生んだヒノキ林業」(三重県尾鷲市、紀北町)2017年

※クリックして下さい。
「ツーリズム政策と提言」メニュー へ戻ります。

※クリックして下さい。
「神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所」のトップ・メニューへ戻ります。
当研究館のホームページ内で提供しているテキスト、資史料、写真、グラフィックス、データ等の無断使用を禁じます。