ドラマシナリオA『いろはかるたは庶民の人生訓・生活訓』〜“御隠居様と隣の未 央ちゃん”より
 執筆活動 12
ドラマシナリオA『いろはかるたは庶民の人生訓・生活訓』
〜“御隠居様と隣の未央ちゃん”より
※シナリオご使用上のお願い:小中学校・高校・大学等の教育機関における放送・文化祭などや、福祉施設での演劇・漫才、地域のFM局などで使用いただくのは歓迎(自由)です。日時・場所・主催者名・行事名・対象者の概要を右のメールへお知らせいただければ、結構です。
※出典:『ラジオうんちくドラマシナリオ集“御隠居様と隣の未央ちゃん@”』 中嶋邦弘著、2011.9.1発刊、郷土史探訪ツーリズム研究所(C)
●シナリオ集『御隠居様と隣の未央ちゃん』の趣旨

 日本・郷土に昔から伝わる風俗や庶民生活、歴史、文化芸術などについて、横丁の御隠居が隣人の女子大生の未央(みお)を通して説明、紹介する。御隠居と同年代のリスナー(観客)のノスタルジイを呼び起こし、若い世代や日本の旧来の社会生活のことをあまり知らないリスナーに、昔の生活の知識や記憶、人生訓などを伝えてゆく。
 登場人物及びストーリーの展開は、基本的には、物知りの御隠居とリスナー代表格の女子大生(未央ちゃん)の二人がテーマに応じたかけあい(問答)による。ほか、テーマや場面に応じて、適宜、第三者が登場することもある。
 会話表現としては、神戸市街において日常使われている話し言葉(曰く、「神戸弁」)を採用した(各地で放送・演出される時は、各地の生活時方言に言い直されることをお薦めします)。 一話にかかる放送(上演)時間等については、挿入する歌や効果音、ナレーションなどを含めて、約20〜25分程度とした。

(クリックして下さい)
 PDFファイル版
  ドラマシナリオA『いろはかるたは庶民の人生訓・生活訓』
●シナリオ第2話『いろはかるたは庶民の人生訓・生活訓』
登場人物:(2人) 横丁の御隠居、隣に住む女子大生の未央(みお)
上演時間:約20分
(効果音)玄関の戸をガラガラッと開けて入り、慌しく靴脱いで上る音

みお「こんにちは〜。お隣のお爺ちゃん。またちょっと教えてくれへん?」
隠居「何や、またまた。相変わらずの未央ちゃんやのお。それに、爺ちゃんやなしに、御隠居様やと言うてるやろ」
みお「はいはい。御隠居様、今日も教えて下さい」
隠居「それより、前の童謡のレポートはどうなった?」
みお「そうそう、その御報告もや。こないだ先生からね、“良く調べてて、特に優秀やった”と、みんなの前で褒めてもろた。ありがとう、御隠居様のおかげや」
隠居「そりゃあよかった。隠居としても教え甲斐があったと言うもんだ。〜で、今日は何を持ってきたんや」
みお「家の押入れ、片付けていたら、こんなん出てきたんよ」
隠居「何だこれは。ほほう。子供の時のカルタやないか。未央ちゃんもよくこれで遊んだやろ」
みお「こんなん知らん。私の小さい頃のカルタっていうのは、“ドラえもんカルタ”とか“ポケモンかるた”ぐらいしかやったことがないんよ。こんな古臭い、難しいことばっかり言うてるカルタなんか、記憶にないわ」
隠居「そう言えば、このカルタ、未央ちゃんよりもずっと古いものだな」
みお「そうでしょう。きっとお母ちゃんが、うちのお爺ちゃんやお父さんのものも一緒に仕舞いこんでたんやわ」
隠居「懐かしいね。この“いろはカルタ”って言うのは、昔からある易しい諺が使ってあって、子供はみんなこれで文字や諺を覚えたもんや。生活や人生で役に立つ知識やルールというか、まあ、生活訓、人生訓といったところじゃ。“諺カルタ”って言うてたのもあったな」
みお「へ〜。でもね、この読み札、平仮名ばっかりで書いてあるから、何言ってるのかさっぱり分からへんのが多いねん。そんな説教じみたカルタやったの」
隠居「説教とは何事や。ありがたい教えばっかりやで。ど〜れ、ちょっと絵札を並べてみいや」
みお「はいはい。よいしょ、よいしょっと」
隠居「ははあ〜。これは“犬棒カルタ”やな」
みお「何? 犬棒って」
隠居「“い”の絵札、取ってみてみ。ほら、犬と棒が書いてあるじゃろ。これは“犬も歩けば棒にあたる”という札や。犬で始まるのは、江戸系、関東系まあ日本代表系だな。関西、上方(かみがた)のカルタやったら、“い”は、“一寸先は闇”なんじゃ」
みお「へ〜え。こんなカルタにも関東系、関西系ってあるの」
隠居「でもな。ほかの札見てたら、関東関西、適当にごっちゃ混ぜになっとる。まあ、これが一般的に売られていたじゃが」
みお「骨董品カルタかいな」
隠居「あほやな。これは今でも探せば売っているもんや。嘆かわしいことに、近頃、子供も親も買いよらんけどな。まあ、いい機会だ。未央ちゃんが分かれへん札のこと教えたる。詠んでみ〜」

みお「はいはい。待ってました。早速やけど、この“犬も歩けば棒にあたる”って、何でこんなことにならなあかんの。面白くもなんとも無いけど」
隠居「これはな、犬が歩き回ると行く先の道に棒切れが落ちててつまづくように、人が何か物事を進めるときには、思いかけず難儀に遭うことがあるぞ、注意せ〜よ、ということを言ってるんじゃ」
みお「ありがたいアドバイスやね」
隠居「当然。いろはカルタはそんなんばっかりやで。次は」
みお「さっぱり分からへんのが“そうりょうのじんろく”って何のこと?」
隠居「“総領”ってのは、長男のことや。昔は親の財産を全部継いでいたものやったからな。“甚六”という子は、おっとりしたイメージの子供の一般名や。せやさかい、長男にはおっとりしたのが多くて、次男には俊敏というか、はしこくて要領がいいのが多いってこと」
みお「ふんふん。ばっちりそのとおりやで。お向かいの兄弟なんて、全くそのまま。へ〜え〜。次は、“よめと、おめかさのうち”は」
隠居「ちゃうちゃう。“夜目、遠目、傘の内”と詠むんじゃ。人の顔を夜に見る、遠くに見る、傘を差してる時に見る、ということ」
みお「それがどうしたん?」
隠居「特に、どんな不細工な娘さんでも、夜目、遠目、傘の内で見ると、美人に見えるぞ、ってこと。未央ちゃんもそういう風に演出してボーイフレンドに逢うよう、心掛け〜よ」
みお「失礼な爺ちゃん。でも、これはすごいノウハウやで。あんまりカルタを馬鹿にできへんね。それからこれ。“こはさん、がいのくびかせ”は?」
隠居「またまた〜。“子は三界(さんがい)の首枷(くびかせ)”と詠むんじゃ。三界とは仏教でいう“欲”“色”“無色”、のことで、まあ“この世の中”と言うこっちゃ。親になったら、子供を育てて大人にするためには、自分たちの自由は束縛される、ちゅうこと」
みお「それも真理やね」
隠居「親になることは大変なことや。この理屈が分からんで、ほいほいと好いた惚れたで“できちゃった婚”までして、パーっと別れて仕舞いよる。子供の頃から“いろはカルタ”をやったことがないからやで、きっと」
みお「耳が痛いわ。親には感謝せなあかんね」
隠居「あったりまえじゃ」

みお「“ていしゅのすきな、あかえぼし”っていうのは? 亭主やから一家の主人、お父さんやね。“あかえぼし”って何?」
隠居「烏帽子は、昔、朝廷なんかで頭に被ってる黒いカラスみたいな帽子のことや。ましてそれが赤色やで。今時、普通の家では、そんなの被らんだろう。例え変ちくりんな物でも、亭主、一家の主(あるじ)が好きなら、家族は認めなあかん、ということ」
みお「へ〜。今時、そんな変な格好する旦那なんか、放り出されてしまうけど」
隠居「一家の主は、家の全責任を負っていたからな。多少変だと思っても、亭主の言うことを聞け、ちゅうことやな。若干、馬鹿にして言うてるけどな」
みお「“われなべに、とじぶた”ってあるけど、割れた鍋を蓋で閉じるということは、都合の悪いことは隠せ、ってことやね」
隠居「残念でした。それは、“臭いものに蓋”というやつや。“割れた鍋にちょうど合う蓋をするということは、似たような者同志が合わさって夫婦になった、いわゆる“似たもの夫婦”を自虐的か見下して言ってるんやね」
みお「へえ〜、難しいもんやね。まだまだ、あるで。“さんべんまわって、たばこにしょ”とは? 三回転してから煙草を吸おうってこと?」
隠居「昔は、町内を当番で夜回りしてたんじゃ。その時には、念には念を入れて三遍回って異変が無いことを見極めた上で、はじめて休んで一服ってことや。物事は、よ〜く調べて、うっかりミスや見過ごしの無いようにせえよ、と戒めているんじゃよ」
みお「なるほどなるほど。そしたら、“にくまれっこ、よにはばかる”は?」
隠居「“はばかる”とは、はばを利かせることや。要するに、大きな顔でしたい放題して影響力が大きい輩(やから)のこっちゃ。世間には、みんなから憎まれている、疎んじられている者ほど、はばをきかせてることが多く目立つ、ってこと。“はばかる”やなしに“はびこる”というのもあるけど」
みお「そうやそうや。おとなしい良い人が目立たんと、損するケース、多いもんね」
隠居「カルタには、世の中のこと、よう観察して、いい事ばっかり言うてるやろ」

みお「ほんまや〜。感心する。そのほかは、大体何言うてるか分かるのんが多いわ。この“なさけはひとの、ためならず”もそうや。他人に情けを掛けるのは、その人の為にならないよ、厳しく接する方が良い、ってことやね」
隠居「う〜ん。何ちゅうことを〜。今時の若い子は、みんなこんなんかいな〜。正反対やがな」
みお「どこが〜」
隠居「人に情けを掛けるってことは、それが巡り巡って、自分の身に良い報いになって戻ってくる、ということやがな。せやから、情け掛けるのは自分の為になるんやから、精出して他人に掛けたげよ、と言うてるんや」
みお「ひゃ〜、知らんかったわ。きっと恥かいてたんやわ。どないしょう」
隠居「諺ってのは、その文章だけで判断したら間違いの元やで。その後に続く、隠れた文句が重要なんじゃ」
みお「わ〜、心配になってきたわ。そしたら、“ぬすっとの、ひるね”は、悪い人でも昼寝してたら可愛いもんや、と言うてるのとちがう?」
隠居「未央ちゃん、やさしいね〜。でも、ちゃうで。これは、“盗人の昼寝”の後に“は、当てがある”と続くんや。おまけに、何の“当て”目的かというたら、昼は寝て夜に起きて仕事する、夜に泥棒に入る目的のためや、ちゅうことやな。みんなと違うことしてても別の思いつかない理由がある、っていうこともね」
みお「う〜ん。子供向けのカルタやのに、もっとちゃんと全部書いてくれな困るわ〜。“おにも、じゅうはち”って何? 鬼が18匹居るってこと、18歳ってこと?」
隠居「18歳の方じゃな。これも後が飛んでる。“鬼も十八、番茶も出鼻”と続く。鬼のような顔してる娘さんでも、18歳が人生で一番奇麗な年頃やから、今のうちに嫁に行かないかん。安物の番茶でも出鼻、すなわち一番煎じの時なら美味しく飲めるから、ちゅうことや」
みお「なんという失礼な諺や」
隠居「未央ちゃんが怒ること、無いやないか」
みお「女性の敵や。このカルタ」
隠居「いやいや、何も女性の話だけではないで。どんな人でも、男もやで。18歳頃が一番売り出しの時や。容貌だけでなく体力的にもな。スポーツ選手も、この頃から一流になって行くじゃろが。卓球の愛ちゃんやハンカチ王子、ゴルフの石川陵ちゃんも輝いているやないか。フィギュアスケートの浅田真央ちゃん、羽生くんも」

みお「なんや、ごまかされているみたいやけど、まあええわ。そんなら“ぶしはくわねど、たかようじ”って、武士たるもの食べなくても“たかようじ”って何のこと?」
隠居「高楊枝は、食後に歯をせせる爪楊枝、それを咥(くわ)えて堂々としてる。要するに、武士やったら、食べることができなくても、御馳走を腹一杯食べた時のように振舞え、ってこと」
みお「痩せ我慢、かいな」
隠居「痩せ我慢だけやないで。人が認める一角の人物やったら、少々の不満や不利益なことがあっても、泰然自若と構えている方が大人物に見られるぞ、という心がけも言ってるんや」
みお「“まけるが、かち”という理屈に合わんのもあるけど」
隠居「そりゃ、負けたら勝ち、素直にとったら矛盾だわな。でもこれには奥深い意味があるんや。一時は相手に負けても、あとあと、大局的に有利に物事を導いて行けば、最終的には勝つ。または、表面上には負けたことにして、実質的には得してるとか。作戦でもあるし、負けた時の励ましやな」
みお「ふんふん。“ほとけのかおも、さんど”は? やさしい顔は“さんど”って?」
隠居「これも“仏の顔も三度まで”といって、3回ぐらいまでは、困ったことがあっても認めてやって怒ったらあかんよ、ということ」
みお「4回目なら鬼の顔?」
隠居「そうじゃ。その時は、鬼のように叱ってやってもいい。それまでは、仏やで。“ほ”やったら、“骨折り損のくたびれ儲け”というのもあるよ」
みお「それ、良く知ってる。一生懸命頑張ったけど、上手いこと行かなくて疲労だけが残った、っていうの」
隠居「そうそう。未央ちゃんも結構わかってるやないか」

みお「それに、うちらでも、よく聞いたり使っている諺も載ってるし」
隠居「ほお〜。どれどれかな」
みお「“論より証拠”、“花より団子”、“鬼に金棒”、“油断大敵”、“目の上のたんこぶ”、“急いては事を仕損じる”、“頭隠して尻隠さず”、“塵も積もれば山となる”、“芸は身を助く”」
隠居「ほほお〜」
みお「まだまだあるで。“喉元過ぎれば熱さを忘れる”、“良薬は口に苦し”、“月とすっぽん”、“楽あれば苦あり”、“泣きっ面に蜂”、“蛙の面に水”、“念には念を入れよ”、“旅は道連れ世は情け”、“嘘から出た誠”、“安物買いの銭失い”・・・」
隠居「それで、全部分かっとるんか」
みお「まあね。テレビでも時々出てくるし、割りと仲間内でも使こてるのもあるし、意味もよく分かるわ」
隠居「立派、立派。ついでやから、このカルタには無いけれど、他のいろはカルタによくあるのを教えたる」
みお「まだまだ、あるの?」
隠居「“蓼(たで)食う虫も好きずき”というのもある。意味分かるか?」
みお「“蓼”って何や?」
隠居「“蓼”は、草の名前で、不味くて普通は虫も着かないものやけど、そんな草でも食う虫も居るんやで、もの好きやなあ、と言うのと、誰も見向きもしてくれへんような人物でも、相手にしてくれる人も出てくることもある、という励ましなんや」
みお「ほかには?」
隠居「“二階から目薬”」
みお「何やそれ。二階に置いてる目薬、取ってきて貰うの?」
隠居「一階に居る人の目に、二階から目薬指したらどうなる。まあ、目には的中しないわな。誰が見ても的外れ、やり方が不適切で無理な事をやってるということ」
みお「へ〜。面白い表現やね」
隠居「“氏より育ち”もよく聞くじゃろ」
みお「う〜ん。聞いたことはあるみたいやけど」
隠居「人は、名門の出やとか財閥の御曹司やとか素性よりも、“育ち”即ち教育が大切や。血統よりも境遇が人をつくるんや。未央ちゃんも旦那見つける時は、大いに参考にせえよ」
みお「はいはい。言うてること、よく分かる。親にちやほやされて自分では何もようせん金持ちのあほボンより、よく勉強して立派な人柄の方を選ばなあかんね。〜けど、大金持ちもまた魅力的やからね〜」
隠居「また、心もとないこと言うてからに」
みお「分かってますよ〜だ」
隠居「そんなら、ええわ。ほかに、未央ちゃんも知ってるやろ。“来年の事を言えば鬼が笑う”とか、“笑う門には福来る”、“蒔かぬ種は生えぬ”とか“火の無い所に煙は立たず”とか」
みお「知ってる知ってる」
隠居「そんなら“袖すり合うも他生(たしょう)の縁”は」
みお「袖が触れ合うのも、ちょっとした縁、ということ?」
隠居「“他生”というのは多い少ないの多少とは違うで。他の生きると書くんじゃ。だから意味はもっと深い」
みお「どこが?」
隠居「この世に、同じく生まれてきただけでも縁があったからやのに、たまたますれ違って袖が触れ合えたのは本当に珍しいことで、これは他の世(しょう)、前世からの因縁で決まっていたことやから、このきっかけを大事にせないかんとね」
みお「てっきり多い少ないやと思うてたわ」
隠居「ほかによく聞くのに、“寝耳に水”。そりゃあ、びっくり仰天だわな。“糠(ぬか)に釘”、ちっとも反応も効果もないこっちゃ。“縁の下の力持ち”、“瓢箪から駒”、“触らぬ神にたたりなし”、“待てば海路の日和かな”とか、沢山あるで」
みお「時々聞くね」

隠居「さっき、“塵も積もれば山となる”というのがあったな。あれは関東系や。関西系の“ち”は、“地獄の沙汰も金次第”と言うんじゃ」
みお「それ、分かる」
隠居「“念には念を入れよ”も関東系。関西系では“猫に小判”や。どや。関西系はお金に纏(まつ)わるのが多いじゃろ」
みお「ほんまや。そう言うたら、関西系は商売に繋がる諺が多いんやね」
隠居「その通〜り。隠居のイメージでは、人生訓的な格好をつけるのは関東系で、身の周りの実質的な生活訓が関西系、ってとこかな」
みお「今、よくテレビ番組で、関東や関西の地域別の特徴を比較してワイワイやってるの見てても、同じやわ。大昔から変わらんもんやね」
隠居「諺、よく分かったか?」
みお「はいはい。御隠居様、ありがとう」
隠居「いや〜、なになに」
みお「でも、御隠居様、ずるい」
隠居「何が?」
みお「さっきから、何時出てくるかと思ってたけど、出てけえへんのがあるんやけど」
隠居「えっ、えっ」
みお「“年寄りの冷や水”って言うのは?」
隠居「うん、うん。そりゃ、身体に悪いからな」
みお「それだけやないでしょ。本当のとこ、教えてよ」
隠居「あは〜、今日はずっ〜と頭使うて、疲れてもたな。ちょっと、うとうとしてくるさかいに、未央ちゃん、カルタ片付けといてな。ほな、またね」
みお「あ〜ん、御隠居様、逃げたらあかん。もっと〜。“老いては子に従え”いうのもあるで〜」
隠居「“三十六計、逃げるにしかず”や。ほな、バイバイや」
みお「あ〜ん。逃げてしもたわ」

(効果音:部屋の扉を開けて、バタンと閉じる音)

(第2話 おわり)
※写真をクリックして下さい。LINKしています。

自著紹介『ラジオドラマシナリオ集“御隠居様と隣の未央ちゃん”』

ドラマシナリオ
@童謡は難しい

ドラマシナリオ
B流行語は世相の鏡

ドラマシナリオ
C歌声喫茶、名曲喫茶、ジャズ喫茶

ドラマシナリオ
Dラジオドラマ全盛の時

ドラマシナリオ
E百人一首は奥が深い

当研究館のホームページ内で提供しているテキスト、資史料、写真、グラフィックス、データ等の無断使用を禁じます。


※クリックして下さい。
「執筆稼動」メニュー へ戻ります。

※クリックして下さい。
「神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所」のトップ・メニューへ戻ります。