郷土話題の関係コミック図書の紹介
 
鉄道廃線、無人駅、マイナー観光地など訪ね歩く
『わびれもの〜日本全国わびさび巡り旅〜』
第1巻・第2巻 小坂俊史(竹書房)
みちのくの遠野市に移り住んでみた
『遠野モノがたり』
小坂俊史(竹書房)
東京の中央線沿線各駅に住むキャラクタを紹介
『中央モノローグ線』
小坂俊史(竹書房)
 
永年一人暮らしだった四十路が結婚、食生活のギャップを通してほのぼの東京生活を紹介
『新婚よそじのメシ事情』
第1巻・第2巻〜 小坂俊史(竹書房)
東京からUターンした元OLが、地元振興のために町長選に立候補する
『ゆとりの町長』
小坂俊史(芳文社)
20歳代から80歳代まで、終活を考えるコメディ
『月刊すてきな終活』
小坂俊史(竹書房)
結婚に辿り着けなかったキャリアレディが、頑張る自分に贅沢として女子一人で巡る「江戸前寿司」の
味わい方・楽しみ方・有名店の紹介など新しい出会い
『ごほうびおひとり鮨』
第1巻〜第5巻 漫画・王嶋 環、原作・早川 光 (集英社)
 
「来るか!?女子ひとり鮨」として『ごほうびおひとり鮨』を紹介する雑誌記事
『Meets Regional 356 “笑う鮨屋”』
2018年2月号掲載 (京阪神エルマガジン社)
『ごほうびおひとり鮨』の魅力を紹介する新聞記事
『 読売新聞2017.4.17』
 
たまねぎが特産の市役所観光課を舞台にした観光行政とラブコメ
『夢からさめても』
第1巻〜第3巻 王嶋 環(双葉社)
 
神戸のパンの魅力を東京からの転校生に紹介する女子高生たち
『パンくうむすめKOBE』
『まんがライフオリジナル 2015年8月臨時号』掲載
王嶋 環(竹書房)
パンサーズ(タイガース?)命のスポーツ紙女性記者(元陸上競技選手)の取材活動・活躍と成長
『たよスポ』
第1巻・第2巻 王嶋 環(竹書房)
『たよスポ』の女性記者として成長する様を絶賛した新聞記事
『朝日新聞 2015.11.1』
東京からUターンした女子高生が郷土民俗芸能の「神楽」を学ぶ
『カグラ舞う』
第1巻〜
 佐藤両々(少年画報社)
サイクルツーリングを女性に紹介する経験談
『自転車女子はじめました』
北条 晶(竹書房)
食べ歩きのメイン、和菓子を修業する若者たち
『わさんぼん〜和菓子屋顛末記』
第1巻〜第5巻〜
 佐藤両々(芳文社)
洋菓子を修業する女性パティシエ
『パティシエール!』
第1巻〜第」4巻、続編第1・第2巻
野広実由(芳文社)
東京から京都の実家和菓子司に戻り、修業する
『であいもん』
第1巻〜第8巻〜 
浅野りん(角川書店)
 
※コミックの出版社へLINKします。(LINKホタンをクリックして下さい)

竹書房

芳文社

集英社

双葉社

少年画報社

角川書店

当研究館のホームページ内で提供しているテキスト、資史料、写真、グラフィックス、データ等の無断使用を禁じます。


※クリックして下さい。
「執筆稼動」メニュー へ戻ります。

※クリックして下さい。
「神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所」のトップ・メニューへ戻ります。