軍事遺産を訪ねて(兵庫県内)
  (郷土史にかかる談話 26)
軍事遺産を訪ねて(兵庫県内) 
 幕末、アメリカやイギリス、ロシアなどからいわゆる黒船の来訪、そして攘夷の試みの中で諸外国の軍事力のすさまじさに驚愕した日本は、重要都市近郊に砲 台設置など次々と守りを固めた。
 以後、日本の近代化に伴って軍備増強が図られ、各地に軍事施設の整備が進んだ。太平洋戦争の結果、各地にあった主要な軍事施設は爆撃等で破壊され、残った施設も米軍進駐によってあらかた取り壊されたり、接収されてしまいました。
 戦後の復興と経済社会の発展に伴って、軍事施設跡は利用可能なところは次々と再開発され、その旧態が窺えることはありません。

海軍鶉野飛行場跡の滑走路脇に建つ「平和祈念の碑」 (加西市鶉野町)
 再利用、再開発が難しかった部分について、現在、わずかな痕跡を留めることとなっています。日本の近代化を今も物語る「近代化遺産」のなかでも、特に人類の負の遺産でもある戦争のためであったこれらの施設「軍事施設」は、将来への語り部ならぬ「語り物」として保存していってほしいものです。
 兵庫県内では、瀬戸内沿岸を京都・大阪方面に向う敵船を迎え撃つ砲台、姫路の旧第十師団関係施設、淡路最南端の紀淡海峡を守った由良の要塞などが主な軍事施設です。
●県内の軍事遺跡@「由良要塞(洲本市由良)」
  このなかで、県内隋一のビュースポットは、「由良の要塞跡」(洲本市)と「海軍鶉野飛行場跡」(加西市)とです。由良要塞は、1889年(明治22年)から10年ほどで生石山と成山と高崎に砲台、伊張山と生石山に堡塁からなる要塞で、終戦時には第2総軍第15方面軍直轄部隊が運用していました。特に、生石山一帯は、砲台や堡塁などが多く残り、地元の洲本市は要塞公園として整備・保存に努めています。
由良要塞跡地の碑
生石山第1砲台の砲側庫
生石山第1砲台の榴弾砲砲座跡(砲側庫の右の広場に2つ)
生石山堡塁に設置しているカノン砲
由良要塞跡地の碑文
由良要塞跡(生石山砲台)の解説板
軍事遺跡の公園「瀬戸内海国立公園生石公園」案内板
由良要塞司令部のあったところ
由良要塞の将校集会所・長官官舎跡
生石山堡塁をぐるっと取り囲む塹壕跡
生石山第2砲台の(高射砲?)砲座跡
生石山第3砲台の砲側庫
生石山第3砲台の砲撃照準測定などの観測所跡
生石山砲台の展望台から見る成山砲台と右の木陰に高崎砲台の成が島
生石公園の登り口にある要塞の碑のある公園
●県内の軍事遺跡A「海軍鶉野飛行場跡(加西市鶉野)」
 鶉野飛行場は、 1943年(昭和18年)に姫路海軍航空隊の施設として建設された。併設して、戦闘機「紫電改」等を組み立てていた川西航空機の工場もあり、終戦の年には、多くの神風特別攻撃対がここで編成され、飛び立って行った。現在、神戸大学の構内(現在、見学不可)や私有地にも散在している軍事施設等を保存し、見学できるように、ガイドや資料館(現在は仮設)の整備が進められている。
 2016年に加西市は飛行場の滑走路用地を国から買い取った。今後周辺を含めて、北条鉄道の法華口駅から散策路で約20所の防空壕跡や弾薬庫跡、復元模型を設置した機銃座などをめぐるようにする「歴史遺産群ゾーン」、滑走路北側に災害用備蓄倉庫や展望広場・休憩施設・トイレなど備えた「防災ゾーン」、桜並木にジョギングコース・イベントスペースを持つ「レクリエーションゾーン」の3つに分けて2019年度までの5年間で順次整備を進めていく。ミュージアムには戦争資料やこの飛行場を飛び立った戦闘機「紫電改」の実物大模型などを展示し、特産品直売所など整備していく計画である。
 2017年には、加西市は、鶉野平和祈念の会保存会ノメンバーを中心にプロジェクトチームで、防衛省防衛研究所戦史室にある図面などを参考に、当時この鶉野工場で製造された戦闘機「紫電改」のレプリカを作成します。当時の紫電改の部品なども併せて新設する防災倉庫に一時展示し、その後に構想中の「鶉野ミュージアム」が整備されればそこに移す予定です。

※上図は、『加西・鶉野飛行場ガイドツアーご案内資料』(鶉野平和祈念の碑苑保存会)より
鶉野飛行場滑走路
平和祈念の碑苑
同左、姫路海軍航空隊鶉野飛行場跡
鶉野飛行場跡の説明看板
地下飛行指揮所があった防空壕
同左、壕内
鶉野最大の防空壕
(神戸大学敷地内)
防空壕横の小径
(映画『火垂るの墓』のロケ地)(神戸大学敷地内)
対空機銃座跡と地下弾薬庫
防空壕
隊門跡旧衛所裏防空壕
対空機銃座跡
(映画で使用した機銃を設置)
鶉野飛行場資料館
資料館内部
ここの川西航空機でつくっていた97式艦上戦闘機の説明看板
最寄りの駅、
北条鉄道「法華口駅」
 探訪されるにあたって、施設によっては一般公開されていないところもあり、事前に下調べをされることをお薦めします。(2011年4月)
●県内各地域に残る軍事遺跡B
 軍事遺跡は、破壊されたり、戦後において取り壊しや、強制的な接収からの返還、再開発などあって、ほとんど残されていません。
 その主なものについて、下記の写真、および下記の別紙詳細一覧表にまとめました。
※ 下の「資料LINK」または「写真」をクリックして下さい。

 郷土史研究にかかる参考データ集

(10)兵庫県内の主な軍事遺産
   詳細一覧表(PDFファイル)
和田岬砲台(神戸市)
舞子砲台(神戸市)
高射砲台座(尼崎市)
西宮砲台(西宮市)
今津砲台跡(西宮市)
旧大阪陸軍獣医資材支廠の長尾分廠跡(伊丹市)
軍用引込線の天神川隧道(伊丹市)
旧陸軍三木飛行場跡
(印南郡稲美町)
旧陸軍航空通信学校加古川教育隊跡(加古川市)
旧陸軍航空通信学校尾上教育隊跡(加古川市)
旧陸軍神野弾薬庫引込線(加古川市)
旧第10師団兵器庫
(姫路市)
旧第10師団長官舎
(姫路市)
旧篠山連隊跡(篠山市)
松帆台場跡(淡路市)
由良要塞跡(洲本市)
由良煉瓦拱橋群(洲本市)
西南の役記念碑(姫路市)*
炬j口台場(洲本市)*
(注)上記写真説明の印=『兵庫県の近代化遺産―兵庫県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書―』平成18年3月(兵庫県教育委員会)より引用。

※クリックして下さい。
「郷土史にかかる談話室」メニュー へ戻ります。

※クリックして下さい。
「神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所」のトップ・メニューへ戻ります。

当研究館のホームページ内で提供しているテキスト、資史料、写真、グラフィックス、データ等の無断使用を禁じます。