戦後の「うたごえ運動」から「うたごえ喫茶」へ
  (郷土史にかかる談話 82)


1.うたごえ運動の始まり
 長い暗い戦争が終わり、生活苦と軍事優先の政治から解放された社会の喜びは、それまでにない労働運動、うたごえ運動の高まりとなってあらわれた。労働運動の中での企業内、地域内、サークルなどで急速に盛り上がった歌唱指導をベースに、職域や地域内で拡大していった合唱熱は、うたごえ運動という歌うことでの新しい社会生活活動、産業活動、芸術文化活動が一気に花開いた情勢であった。

2.うたごえ運動の高まり
@最初の『青年歌集』(各国の民謡やポピュラー歌曲、労働歌など)(1946年、昭和21)
A うたごえ運動が職場のサークルの中に爆発的なロシア民謡ブームをまき起こした。(1948年、昭和23)
B戦後すぐはロシア民謡と労働歌、そして各国民謡だった曲目の内容が、1950年代(昭和25〜)に入るとその上に、郷土民謡の掘り起こしや、生活の中から新たな歌を生み出す創作活動にとりくまれた。
C“うたごえは平和の力”をスローガンに、「原爆許すまじ」などが、さらに、“しあわせの歌ふるさとの歌”で「しあわせの歌」などが唱われ、この2つの歌はうたごえ運動から生まれて全国民的な愛唱歌になり、「もずが枯木で」も1953年(昭和28)以降に積極的にすすめられた郷土民謡のほり起こしの中から人気を得た。
D1960年代(昭和35)のうたごえ運動での創作曲はその数も膨大なものになり、民謡調からフォーク調・ロシア民謡風なものと曲調もさまざまで、内容も生活を歌ったもの、恋愛を歌ったもの、職場の状況をうたったものなど非常に多岐にわたった。
3.うたごえ喫茶「灯(ともしび)」の始まり
 「うたごえ喫茶」といえば、戦後開放された社会に興ったうたごえ運動を背景に、合唱が普及するとともに、都会に集団就職などで集まってきた若者たちが身を寄せ合って楽しめる喫茶店でした。
 1956年(昭和31)春に東京新宿の西武新宿駅駅前にあった小さいバラック小屋のロシア料理大衆食堂「味楽」をベースに、レコード演奏に合わせて歌唱指導付きでみんなで歌えるうたごえ喫茶「灯(ともしび)」が生まれました。「灯」には、シベリア帰りの労働者、学生たち、地方を離れ都会で寂しい思いをしている若者たちが夜ごと集まってきて、歌唱リーダーの指揮のもとにアコーディオン伴奏で合唱していました。まさに、若者たちが仲間をつくり、議論を交わせるサロンとしても親しまれました。よく歌われていたのは、「ともしび」「トロイカ」「カチューシャ」などのロシア民謡、労働歌・反戦歌、「花笠音頭」「北帰行」などの日本の歌、「草原情歌」などの世界の歌など、マスコミの流行歌にない生活に根付いた歌が中心でした。

「キング・スーパー・ツイン・シリーズ2020」 CDより引用
4.神戸にあったうたごえ喫茶「響(ひびき)」
 約5年後の1960年(昭和35)の間に若者たちの人気を得て急成長。その頃には東京だけでも10近く、全国でも数10〜200のうたごえ喫茶ができました。大阪では梅田に「こだま」が、神戸三宮には「響(ひびき)」が代表格。
 「響」は阪急三宮駅西改札口を出てすぐ北側の店の並びの一角にありました(私の記憶ですが)。元は普通のアメリカンタイプの喫茶軽食レストラン風、店内は薄黄緑色(白色?)の柱で区画され、中央(壁側?)にひな壇のステージ。店内入り口で置いてあった小さな歌集を手に取り、着席、飲み物を注文。
 ステージの歌唱指導のリーダーに合わせ、アップライトのピアノ、アコーディオンの伴奏で、うたごえ運動で流行った「北上夜曲」「雪山讃歌」「母さんの歌」「山のロザリア」にロシア民謡、童謡唱歌、黒人霊歌など、次々とみんなで歌ったものです。 うたごえ運動の一翼を担ったボーカル・グループの「ダーク・ダックス」や「デューク・エイセス」などに憧れていた大学合唱団のカルテットやボーカルたちがうたごえ喫茶で客演するのも人気を博した。
5.うたごえ喫茶ブームの再来
 うたごえ喫茶は、カラオケの浸透に次第にその姿を消していったが、昔の記憶を取り戻すかのようなシルバー世代を中心に、阪神淡路大震災を経た平成の中頃(平成10〜)から、合唱と同様に、サークル活動や公開講座、喫茶店の週一月一で開催されるうたごえ喫茶が目立つようになってきました。 カラオケは、1970年(昭和55)頃から普及を始め、当初はセットが店内に一つしかなく、順番に歌い、他のみんながエールを送るスタイルだったのが、個人主義の広がりからか、個室カラオケが主流となって、大勢のみんなで歌を共有することがなくなっていた。それで、旧日の活動記憶を呼び戻したいシルバー世代だけではなく、若い世代にも「うたごえ喫茶」は受け入れられて広がり、異世代間交流も見られる場となってきています。
オンラインで「うたごえ喫茶」をやってみよう!
 仲間内やグループ内で「うたごえ喫茶」を楽しみたい時に、一堂に会することができない(コロナ禍などで)場合、オンラインで何とかやってみましょう!
 使用するオンラインソフトは、合奏システムや会議システムのフリーソフトが利用できます。喫茶を運営するには、@主催者(システムの操作者)、A司会・歌唱指導者、B伴奏者(できれば歌のキー音を下げたりできるキーボード利用が便利です)、C歌詞の管理者、の役割の人ができれば複数欲しいところです。事前に歌う曲を固定するよりも、伴奏にカラオケ機器を鳴らすよりも、その場その場での話の流れでリクエスト曲を歌いたいので、即時即妙に対応できる歌唱指導者や即興伴奏者の存在が重要です。ゲスト演奏などの飛び入り歓迎で、オンラインでも結構楽しくやれますよ。
(1)オンライン遠隔合奏システムを使う場合
@回戦環境にもよるが、システム利用者同士の音のズレがほとんど無い(0.02〜0.04秒)。同時に合奏しているかのような環境が実現する。
A利用人数が基本的に5人、連結して最大10人までに限定される。
B画面がシステム制御管理に使われるので、利用者側の映像はありません。
 ⇒別途、同時にスマホ携帯等でオンライン会議システム等を稼働させて映像を送受信する。ただし、携帯では通信のタイムラグが発生するので、映像のズレは仕方がないとして、携帯側の音声をミュート(消音)にしておくこと。
C歌詞の表示はできない。
 ⇒事前に利用者へ通知もしくは配布しておく必要がある。
D利用者全員がシステム操作を熟知する必要があります。
(2)オンライン会議システムを使う場合
@システム利用者同士の音・映像のズレ(0.5〜1.0秒)があり、バラバラになって合奏・合唱になりません。
 ⇒利用者の歌声が戻ってこないように、伴走者以外の利用者全員を音声ミュートにする。(合唱にならないが、伴奏に合わせて一人自分だけ歌うことはOK)。歌唱指導者の声もズレるので、伴奏者と同席できなければ音声ミュートにして伴奏音のみを流すようにする。ゲスト演奏者の音声を流す時は、原則他の利用者を音声ミュートにする。
Aシステムの操作専任者が必要になる。
 ⇒うたごえ喫茶の進行に併せて、会話部分や演奏部分の切り替えなどシステム機能を柔軟に使い分ける必要があり、会議招集者が専任になって操作を行う。
B歌詞は、画面に「ファイル共有」で表示できる。進行に併せてスクロールする。
C 専任操作者を除いて、利用者は簡単な操作で参加できるので利用しやすい。
D 利用中のトラブル解消指導のため、専任操作者から個別通話ができるように、参加全員に携帯電話は側に置いておくようにする。
(2021年11月)
※『新版・日本流行歌史(中=1938〜1959)』社会思想社1999年8月30日、『歌声喫茶「灯(ともしび)」の青春』丸山明日果(集英社)2002年11月20日、「「ヤマハオンライン遠隔合奏サービス」(2020年6月時点)、及び「武陽会49陽会ゆうかり喫茶」の資料を参照しました。
当研究館のホームページ内で提供しているテキスト、資史料、写真、グラフィックス、データ等の無断使用を禁じます。

※クリックして下さい。
「郷土史にかかる談話室」メニュー へ戻ります。

※クリックして下さい。
「神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所」のトップ・メニューへ戻ります。